1. TOP
  2. 観光スポット
  3. 大内宿へのアクセスや渋滞回避方法は?東京や仙台から車や電車、バスの行き方まとめ

大内宿へのアクセスや渋滞回避方法は?東京や仙台から車や電車、バスの行き方まとめ

 2018/09/28 観光スポット
この記事は約 9 分で読めます。 151 Views


福島県内でも有数の観光スポット「大内宿」
宿場町として栄えたこの町は今でも茅葺屋根の家屋が建ち並び、重要伝統的建造物郡保存地区に指定されています。
最近ではメディアでネギ一本でソバを食べる「ネギそば」も注目されていて、毎日多くの観光客が訪れています。

ここではそんな大内宿に行くためのアクセス方法や、混雑や渋滞の回避情報などをまとめます。
事前にしっかりチェックして、スムーズな観光を楽しんでくださいね。

大内宿へのアクセス方法の概要

大内宿は主要街道から外れた山間地に所在するので、アクセスしやすい場所というわけではありません。
以前私が気軽な気持ちで郡山駅から電車で向かった時は、思っていた以上に時間がかかった印象ででした。
それも事前に場所やアクセスの仕方などを詳しく調べないで行ってしまったからかもしれません。

まずは大内宿へのアクセス方法についてざっと概要をまとめます。
主要部分からの所用時間に目を通していただくだけでも、大内宿へのアクセス時間の間安になり観光プランが立てやすくなると思います。

大内宿の基本情報

所在地 福島県 南会津郡下郷町大字大内字山本
最寄駅 会津鉄道 湯野上温泉駅
営業時間 9:00-17:00
電話番号 0241-68-2920
URL http://ouchi-juku.com/

=======

・湯野上温泉駅から
車を利用して 約10分
バスを利用して 約20分

・会津若松駅から
電車、バスを利用して 約2時間弱
車を利用して 約1時間

・郡山駅から(会津若松駅経由)
電車、バスを利用して 約3時間弱
車を利用して 約1時間半弱

・磐越自動車道 会津若松ICから(新潟、仙台方面から)
車を利用して 約1時間

・東北自動車道 白河ICから
車を利用して 約1時間弱

・福島空港から
車を利用して 約1時間半弱

時間を見ていただいて分かるように郡山方面から電車で行くとなると、乗り継ぎの時間もあり以外と時間がかかります。
特に電車やバスを乗り継いで行く場合は事前に時刻表の確認は必須です。
1時間に1本か時間によってはそれ以下の場合もあります。

また、観光シーズンの土日などは渋滞などの混雑が予想されます。
日によっては上記の時間よりもかなりかかる場合がありますので、あくまで目安として参考にしてください。

関東方面から大内宿へのアクセスする方法は?

ここからはパターン別に詳しく見ていきましょう。
まずは関東方面から大内宿へアクセスする方法です。

関東方面から大内宿へ行くには以下の3つの方法が考えられます。

・車を利用していく
・電車を利用していく
・バスを利用していく

車を利用して関東方面から大内宿へ

車を利用して関東方面から大内宿へアクセスするには東北自動車道を通って向かいましょう。

1、川口JCTから東北自動車道に入る
2、白河ICで東北自動車道を降りる
3、国道289、121号線、県道329号線を通って大内宿へ

川口JCTから大内宿への時間の目安は混雑等なければ約3時間弱になります。

電車を利用して関東方面から大内宿へ

電車を利用して関東方面から大内宿へ行くには、利用しやすい方法として2パターンあります。

①東北新幹線を利用する方法

始発:東京駅
1、東北新幹線で「郡山駅」下車
2、磐越西線に乗り換え「会津若松駅」下車
3、只見線で「西若松駅」で乗り継ぎ(または直通)会津鉄道で最寄駅「湯野上温泉駅」下車
4、バスまたはタクシーで大内宿へ

東北新幹線を利用する方法で東京駅から大内宿へ向かう時間の目安は約4時間半。
湯野上温泉駅までの乗り換え回数は3回(または2回)、運賃は合計9,600円になります。
※ただし、乗り継ぎでがうまく合わないと更に時間がかかります。

関東方面から福島に観光となると、多くの人が新幹線で向かおうと思いますが、この方法だと乗り換え回数が多く値段も高いのがネックです。
大内宿だけでなく、会津若松や郡山も観光予定の方にはオススメのアクセス方法だと思います。

②東武鉄道リバティ会津を利用する方法

始発:浅草駅
1、東武鉄道リバティ会津で「会津田島駅」下車
2、会津鉄道に乗り換え「最寄駅「湯野上温泉駅」下車
4、バスまたはタクシーで大内宿へ

東武鉄道リバティ会津を利用する方法で浅草駅から大内宿へ向かう時間の目安は約4時間弱。
湯野上温泉駅までの乗り換え回数は1回、運賃は合計5,980円になります。
※ただし、乗り継ぎでがうまく合わないと更に時間がかかります。

関東方面から大内宿へアクセスするのに、もっともオススメなのが東武鉄道の「リバティ会津」を利用する方法です。
新幹線利用と比べて、乗り換え回数が少なく、運賃も3,620円も安くなります。

リバティ会津は浅草から会津田島までを乗り換え無しで行くことができます。
2017年4月21日に電車の本数が増発され、さらに東京から向かいやすくなりました!

浅草駅6時30分発の東武特急リバティ会津101号に乗れば会津田島駅へ9時45分に到着することができます。
そこから会津鉄道にのって湯野上温泉駅に向かいましょう。

また会津田島駅から大内宿への別の行き方として観光循環バスも便利です。
大内宿の他、塔のへつりなどの地元の主要観光スポットを回る観光バスで大人は1800円、子供は900円で1日乗り放題になっています。
2018年は4月28日(土)~11月18日(日)の土・日・祝日運行を行っています。
会津田島駅から大内宿までは58分で到着します。

バスを利用して関東方面から大内宿へ

関東方面から大内宿へのバスでのアクセスは高速バスを利用しましょう。
ただし大内宿直通の高速バスは出ていないので、会津若松駅で乗り換えることになります。
東京からですと新宿バスタや東京八重洲南口から会津若松行きの高速バスが出ています。

東京八重洲南口から高速バスで会津若松駅に向かうとすると、バス乗車の時間の間安は約4時間半。
運賃は4,800円になります。
会津若松駅から大内宿までは観光バスや会津鉄道を利用しましょう。
会津若松駅からの時間を余裕を持って1時間ぐらいと考えると、東京駅からの大内宿までは約5時間半かかるということになります。

バスを利用する場合の利点はお値段の安さですね。
早割で取れば、もっとお安くチケットを取ることも可能です。

仙台方面から大内宿へのアクセスする方法は?

次に北側、仙台方面から大内宿へアクセスする方法です。

仙台方面から大内宿へ行くには以下の3つの方法が考えられます。

・車を利用していく
・電車を利用していく
・バスを利用していく

車を利用して仙台方面から大内宿へ

車を利用して仙台方面から大内宿へアクセスするには東北自動車道を通って向かいましょう。

1、郡山南ICで東北自動車道を降りる
2、県道47号線、国道118号線、県道329号経由で大内宿へ

仙台駅から大内宿への時間の目安は混雑等なければ約3時間になります。

電車を利用して仙台方面から大内宿へ

出発地点:仙台駅
1、東北新幹線で「郡山駅」下車
2、磐越西線に乗り換え「会津若松駅」下車
3、只見線で「西若松駅」で乗り継ぎ(または直通)会津鉄道で最寄駅「湯野上温泉駅」下車
4、バスまたはタクシーで大内宿へ

東北新幹線を利用する方法で仙台駅から大内宿へ向かう時間の目安は約3時間半。
湯野上温泉駅までの乗り換え回数は3回(または2回)、運賃は合計6,780円になります。
※ただし、乗り継ぎでがうまく合わないと更に時間がかかります。

湯野上温泉駅まで全て電車(新幹線)のルートを紹介しましたが、郡山駅から高速バスを使って会津若松駅に行くという方法もあります。
乗車時間はほぼ一緒ですので、時間によってお好みで選ぶと良いでしょう。
バスの運賃は1,100円になります。

バスを利用して仙台方面から大内宿へ

仙台方面から大内宿へのバスでのアクセスは高速バスを利用しましょう。
ただし大内宿直通の高速バスは出ていないので、会津若松駅で乗り換えることになります。
仙台からですと仙台駅東口から会津若松行きの高速バスが出ています。

東京八重洲南口から高速バスで会津若松駅に向かうとすると、時間の間安は約2時間半。
運賃は 2,900円になります。
会津若松駅から大内宿までは観光バスや会津鉄道を利用しましょう。
会津若松駅からの時間を余裕を持って1時間ぐらいと考えると、東京駅からの大内宿までは約3時間半かかるということになります。

バスを利用する場合の利点はお値段の安さですね。
早割で取れば、もっとお安くチケットを取ることも可能です。

新潟方面から大内宿へのアクセスする方法は?

新潟方面から大内宿へのアクセスするには車の利用が一番便利です。
車を利用して仙台方面から大内宿へアクセスするには磐越自動車道を通って向かいましょう。

1、会津若松ICで磐越自動車道を降りる
2、県道131号線経経由で大内宿へ

仙台駅から大内宿への時間の目安は混雑等なければ約2時間半になります。

大内宿への渋滞を回避する方法は?

大内宿は山間部にあるので駅から近くはありません。
ですので可能であれば車でアクセスした方が楽です。
しかし、大内宿までの道のりはほぼ1本道ですので気になるのが渋滞ですよね。

まず、大内宿の混雑する時期ですが、GWなどの連休や、お盆休み、そして紅葉の時期の土日祝日になるようです。

そこで旅行時にチェックしてほしいのが南会津郡下郷町のホームページです。
こちらのホームページでは最新の道路混雑情報が確認出来るようになっています。

>>南会津郡下郷町のホームページ

もしそこで県道329号線が混んでいるようであれば、「大内宿こぶしライン」(県道131号下郷会津本郷線)を利用する手もありです。
カーナビに大内宿を目的地に設定すると多くが県道329号線を通るルートになります。
会津下郷町の公式ホームページでも渋滞回避のために、大内宿こぶしラインを進めているので頭に入れておくといいでしょう。

また、大内宿へ着いたとしても今度は駐車場の問題が発生します。
観光ハイシーズンには10時では駐車場待ちの行列ができてしまいますので、それを避けるのなら9時ごろの到着を目指したいものです。

いかがだったでしょうか?

大内宿へアクセスする方法を様々なパターンでまとめてみました。
大内宿は駅から近い観光地ではないので、どこから向かうとしてもそれなりの時間がかかってしまいます。
現地に着く前に疲れてしまわないように、スムーズに観光できるように計画を立ててから出かけましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

あわせて読みたい関連記事。

  • 裏磐梯の紅葉2018年の見頃時期は?絶景ドライブや紅葉スポットなど紅葉情報まとめ

  • 郡山市駅前のイルミネーションはどんな感じ?郡山市のイルミネーションまとめ

  • 会津さざえ堂のアクセス方法や駐車場は?二重らせん構造が魅力的な重要文化財会津さざえ堂

  • 開成山公園の駐車場問題を攻略!無料駐車場の開放時間や付近の有料駐車場はどこ?

  • 会津若松城(鶴ヶ城)の駐車場やアクセス方法は?若松城の歴史や城主など会津若松城まとめ