1. TOP
  2. 雑学
  3. 郡山市と鯉の歴史と関係性について。鯉市町村別生産量全国第一位の郡山

郡山市と鯉の歴史と関係性について。鯉市町村別生産量全国第一位の郡山

雑学
この記事は約 2 分で読めます。 366 Views

「鯉に恋する郡山」
郡山の方は一度は聞いたことがあるのではないのでしょうか?
郡山市は市町村別生産量、全国第一位(令和元年度)。養殖鯉の生産量は747トンだそうです。

ただ、生産量に対し、消費量はそこまでだったようで「鯉に恋する郡山プロジェクト」として郡山市内外でも鯉食文化を推進する取り組みが行われています。

家庭ではなかなか難易度の高い鯉ですが、子供たちの給食でも度々登場しています。
また、鯉料理を提供してくれるお店が続々と増えていて、今では郡山市内の90店舗以上でアレンジした鯉料理を楽しむことができます。

鯉養殖の歴史

郡山市周辺での鯉の養殖は、数百年前から行われており、長い伝統を有しています。特に、冷たく清らかな水が豊富なこの地域は鯉の養殖に適していました。

鯉の品質:

郡山市で養殖される鯉はその品質で知られ、特に色鯉や錦鯉の品質は全国的にも高い評価を受けています。良質な水と養殖技術が、高品質な鯉を生み出す要因となっています。

鯉の文化の発展

鯉の養殖が盛んな地域であるため、鯉に関連した文化や行事も発展してきました。例えば、こいのぼりの製造や、鯉に関するイベント、展示などが行われています。

全国的な展開

郡山市からは全国各地へ鯉が出荷されており、その影響力は非常に大きいです。そのため、多くの人々が「鯉=郡山」というイメージを持っています。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

あわせて読みたい関連記事。

  • 梵天飾りの飾り方が知りたい!全国の梵天祭りまとめなど梵天まとめ