1. TOP
  2. グルメ
  3. お酒
  4. 仁井田本家の口コミ評判はどう?甘酒の感想と見学する方法もまとめ。

仁井田本家の口コミ評判はどう?甘酒の感想と見学する方法もまとめ。

 2018/10/17 お酒
この記事は約 6 分で読めます。 51 Views


仁井田本家って知っていますか?仁井田本家は福島県郡山市の田村町にある酒蔵。自分はいつだったっけかな、仁井田本家の日本酒を数年前にたまたま贈答にいただいたことがありまして。調べてみたらラベルがちょっと小洒落ていたものだからなんとなく印象にはのこっていたのですが。最近になって、福島県内を歩き回っているといろいろなところで仁井田本家の商品と出会うことが多くなったものだから、ちょっといろいろみてみることにしました。

メインはおそらく日本酒。

そう、ここがどうしてもはっきりとわからないのだが。というのも、市販されている仁井田本家の商品ラインナップをみると、甘酒やヨーグルト?、こうじチョコレートなどいろいろあるのである。そんなにいろんな商品があるものだから、てっきりどれがメインかがわからなくなるようなバリエーションなのである。

で、公式のショップをみてみるとほとんど日本酒であるから、ようやく『そうか、仁井田本家のメインは日本酒なのか』と気づくことはできる。で、実際に仁井田本家を試してみることにする。というか、これはもう個人の意見なのであまり鵜呑みにはしない方がよいだろう。個人的な感想である。

仁井田本家の評価はどう?

実際に仁井田本家の口コミ評判や評価はどのような感じだろう。私も日本酒をはじめとして、まいぐるとやこうじチョコ、さけかすあめまでは試してみたのであるが、一応レビューしておきたい。

にいだしぜんしゅ

おすすめ度:★★☆☆☆
そう、おそらく仁井田本家のラインナップのなかでもメインではないかと思われる日本酒。その中のにいだしぜんしゅというのをいただいてみた。みたことのある人であればわかるだろうが、このラベルがなかなかおしゃれである。透明のラベルに鉛筆の手書きのようなスタイル。いかにも自然なイメージを連想させるものである。

まいぐると(甘酒)

おすすめ度:★☆☆☆☆
まいぐると(甘酒)は。仁井田本家がつくる甘酒のようだ。うん、パッケージはなんともかわいいよ。にいだしぜんしゅのように、透明ラベルに鉛筆の手書きパターンである。テレビなどでも甘酒がダイエットに良い!と聞いていたので、このまいぐると(甘酒)で試してみようとファミリーで盛り上がる。ふむふむ、どうもまいぐると(甘酒)は発酵させた甘酒って味。あのいつも親しんでいる甘酒とはまったく違うよね(笑)思わずファミリーは全員挫折してしまった。好き嫌いがあるのかな。いつも甘酒を好んで飲んでいる人ほど抵抗している。まいぐるとだけに、ヨーグルトっぽい酸っぱさが印象的である。乳酸菌とかなんとか体によいものが入っている感じはするが…んー、私はどうしても苦手な味わいかな。ネットでみてると全体的に評価は高いみたいなので、試してちょうだい。

こうじチョコ

おすすめ度:★☆☆☆☆
チョコレート好きでパッケージからちょっと気になっていた、仁井田本家のこうじチョコ。これはきっと自然派で身体にもやさしいおいしいチョコだ!と思って食べてみたが…ん、想像していたのとなんか違う。俗にいう市販のチョコレートが好きだからこうじチョコもいけると思ったら大間違い。ただのチョコ好きであればちょっと注意した方がよいだろう。これは一般的なあの甘いチョコレートではない、あくまでこうじチョコである。
何度も言おう、これは仁井田本家のこうじチョコであり、チョコレートではない。カカオ未使用で、糀の塊である。私はともかく、チョコレート大好きな子どもも一発KOである。糀の加工品ということで、身体にやさしいのだなということはよくわかる。ただこんな時代に生まれてきてしまった以上、チョコといわれたらあのチョコたちをどうしても思い浮かべてしまう。こうじチョコが子どもも喜んで食べてくれる日を望んでやまない。

さけかすあめ

おすすめ度:★☆☆☆☆
さけかすあめは、商品名通りの酒粕の味。ノンアルコールらしいけど、口の中は酒。お子様にも優しい?子どもが食べたら、ペロンとしてすぐに出してしまった(笑)さけかすあめは子ども向けではなかったな。ふつうに日本酒好きならアリかもしれない。日本酒の飴としてみれれば案外いけるかもしれないが、子どもだったら好き嫌いがあるからちょっと注意が必要である。

郡山市内の販売店ならAMEKAZEもおすすめ。

AMEKAZEには上記の日本酒の他、まいぐるともこうじチョコもさけかすあめも売ってた。私はそこで一通り買って試してみた感じ。AMEKAZEとはいろいろやってるみたいで、奥さんが店舗内でピアノ弾いたり、ブリトマートのジャズフェスで演奏してたり、いろいろ酒造り以外の活動にも積極的みたい。おいしさの追求というよりも、仁井田本家は歴史に伴うエンターテイメント性を重視しているイメージが強いかな。

仁井田本家は酒蔵見学できるらしい。

こんな感じで日本酒をはじめとして、まいぐるとやこうじチョコ、さけかすあめなどいろいろと試してみたわけであるが、まあ身体に気をかけている人にはよいかもしれない。健康のためといわれればそこまでであるが、おいしさだけを求めてもダメだということかな。
ちなみに仁井田本家は酒蔵見学できるようである。受入人数や営業時間もあるので、お問い合わせしていただきたい。農薬や化学肥料を一切使わないといわれている仁井田本家の酒蔵を体感してみる価値はありそうだ。

所在地 〒963-1151 福島県郡山市田村町金沢高屋敷139
交通 石屋団地バス停より徒歩5分
体験場所 仁井田本家
受入人数 20人程度
所要時間 30分〜1時間程度
料金 1人500円
営業時間 10:00〜17:00
休日 4月〜10月 土・日・祝日
11月〜3月 日・祝日
駐車場 あり(30台)
問い合わせ先 TEL:024-955-2222
URL https://1711.jp/

*要予約(電話で3日前まで)
*酒蔵見学は10:30〜16:00
*都合によりお受けできない場合もあります。
*売店は無休
*お盆、年末年始は売店も休業

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

あわせて読みたい関連記事。

  • 963ウイスキーの評判は?郡山市のウイスキー963の読み方と意味も。