1. TOP
  2. イベント
  3. ラムフェスティバルでラムを楽しみながらお祝いしよう!2019年の開催は?

ラムフェスティバルでラムを楽しみながらお祝いしよう!2019年の開催は?

 2019/05/21 イベント お酒
この記事は約 7 分で読めます。 419 Views

ビールや日本酒などお酒のイベントが全国各地で行われていますが、近年注目されているのががラムのイベント「ラムフェスティバル」

ラムフェスティバルではたくさんの種類のラムを味わえるほか、ラムにまつわる音楽やセミナーなども開催し、盛りだくさんの内容でくるひとを魅了します。
このページではそんな「ラムフェスティバル」についてまとめたいと思います。

ラムフェスティバルとは?

ラムフェスティバル(通称:ラムフェス)とは、ラテンミュージックのライブや、ダンスなどのパフォーマンスを楽しみながら世界各国のラムを味わうことができる、ラム好きにはたまらないイベントです。

ラムフェスティバルとして有名なのは横浜で開催される「Yokohama RUM Festival」です。

また、似たようなイベントとして渋谷で開催される「JAPAN RUM CONNECTION」(通称:ラムコネ)も多くの人が訪れます。

ちなみに「ラムフェス」と言うとお肉のラムのフェスティバルもあります。
こちらもお酒のラムフェスと同じように盛り上がりを見せているそうです。

ラムフェスティバル2019年の開催日時は?

記事を作成時点では2019年のラムフスティバルの情報はでていませんでした。
公式発表を期待しましょう。

参考までに2018年のラムフェスの模様をお伝えしたいと思います。

横浜ラムフェスティバル2018

横浜ラムフェスティバル(Yokohama RUM Festival)といえば帆船日本丸!
横浜ラムフェスティバルは帆船日本丸の真ん前の広場で行われ、ラムにぴったりの雰囲気の中行われます。

一番の目玉は酒販企業の協力による「ラム無料試飲コーナー」
バカルディ社8種、ブルガル3種など世界のラム70種類以上の銘柄を自由に試飲することができます。

無料試飲会のほかにも、ボトル販売会、ラムカクテルの販売も。
よこはまに縁のあるアーティストの方々の発表の場としてもステージも行われ、ラムフェスティバルに彩りを添えました。

賑やかに、そしてラムの故郷カリブ海南米地域の音楽やダンスなどで会場は大盛り上がりでした。

開催日時 2018年7月28日(日) 15時~21時 荒天時順延⇒9月1日(日)
会場 日本丸メモリアルパーク アリーナ
横浜市西区みなとみらい2-1-1
交通 JR根岸線、横浜市営地下鉄線 「桜木町」駅下車 徒歩5分
みなとみらい線 「みなとみらい」駅または「馬車道」駅下車 徒歩6分
入場料 前売り2,000円 当日2,500円

開催コンテンツ:
タヒチアンダンスチーム Poe Tiare(ポエ ティアレ) パフォーマンス
ソンデルスーリア ラテンライブ
日の出サンデーズライブ
ベリーダンス チームラシーダ  パフォーマンス
アコースティックバンドNatural H & Natural Bandライブ
横濱シスターズ ライブ 他調整中

試飲コーナー/ラム100種類以上の無料試飲
カクテルコーナー/ラムベースのカクテル販売
ラム直販コーナー/当日お勧めラムにプレゼントを付けて、限定数ご用意
フードコーナー/レストラン・カフェgrill&sea table AKITO みなとみらい店提供のビアガーデンメニューとカリブ風フード、など

JAPAN RUM CONNECTION TOKYO2018

2018年のラムコネは2年ぶりの開催で、初の2部制でした。

2018年の参加者は第1部、第2部合わせて約1,200名!

第1部では試飲がメイン。
日本で手に入るほぼすべてのラムを試飲することができました。
ステージでは各ラムブランドのセミナーも開催。

第2部では音楽と一緒に盛り上がるイベントが開催。
ラムに関わりの深いカリブ、ラテン、ブラジル系のDJおよびミュージシャンによる豪華ライブ!
ラムを味わいながら大盛り上がりでした。

世界中のラムの大試飲会をはじめ、ラムカルチャーの体験、スペシャルラムセミナー、会場を盛り上げるDJ&ミュージシャンによるパフォーマンス。
また、ラムの定番銘柄100本の全知識を紹介した書籍『ラム酒大全』も会場で購入することができました。

開催日時 2018年7月8日(日)
会場 ・第1部:14:00~17:00
@TK SHIBUYA(渋谷)
・第2部:17:00~21:30
@SHIBUYA SOUND MUSEUM VISION(渋谷)
入場料 【前売チケット】・第2部 ¥6000
【当日チケット】・第2部 ¥7000 

【第1部】 First Part @TK SHIBUYA
■RUM&CACHAÇA TASTING(FREE)
カリブ、中米、南米、東南アジア、アフリカ、ヨーロッパ、日本のラム及びブラジルのカシャッサの大試飲会!
ラムとカシャッサのフードペアリングも一部あり
※各ブランド情報は “公式Facebookページ” にて随時アップしていきます

■COCKTAIL BAR(FREE)
特設ラム&カシャッサバー
BACARDI COCKTAIL BAR(BACARDI)
CAIPIRINHA BAR(Seleta/Weber Haus)

■RUM SEMINAR
NINE LEAVES
BACARDI 8

■SPECIAL LIVE
SAIGENJI / サイゲンジ

■DJ
SPECIAL MITSUI(MAMBO BAR)

【第2部】 Second Part @Sound Museum Vision
■RUM&CACHAÇA COCKTAIL(FREE)
各フロアにカクテルバーが出現(6ブランド15種類〜)
スタンダード&ラム・コンシェルジュバーテンダーによるオリジナルカクテル
BACARDI/Brugal/Cachaça51/Ron Zacapa/APPLETON/MOUNT GAY/HAVANA CLUB

■FOOD BOOTH(有料)
東京アカラジェ&タピオカ(ブラジル料理)
日本では馴染みの薄いブラジル料理の普及に取り込むユニット
ロス・バルバドス(アフリカ料理)
熱帯音楽酒場/アラブ・アフリカ料理をワインやラム酒と楽しんでいただくお店です

■SPECIAL LIVE(アルファベット順)

  • BANDERAS (バンデラス)
  • Bloco BARRAVENTO (ブロコ・バハヴェント)
  • PANORAMA STEEL ORCHESTRA (パノラマ・スティール・オーケストラ)

■SPECIAL DJ’s(アルファベット順)

  • Go Shukuguchi(Bar Blen blen blen)
  • Harashi(Bond Street/Shanty Town)
  • HIDE MORIMOTO(SOUL BONAZA / TOKYO SABROSO)
  • 中原 仁(Jin Nakahara)
  • Kei Miyanaga(The Ska Flames)

いかがだったでしょうか?
ラムの祭典、ラムフェスティバル。
ラム好きじゃなくてもラムに親しめる盛りだくさんの内容になっています。
きになる方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

あわせて読みたい関連記事。

  • 福島ラーメンショー2019の駐車場や混雑回避方法は?日程やチケット、出店一覧まとめ

  • 7月24日はテキーラの日!2019年もテキーラの日のイベントで盛り上ろう

  • 仁井田本家の口コミ評判はどう?甘酒の感想と見学する方法もまとめ。

  • 963ウイスキーの評判は?郡山市のウイスキー963の読み方と意味も。