1. TOP
  2. 結婚
  3. 郡山でチャペルウェディング!おすすめの教会挙式は?

郡山でチャペルウェディング!おすすめの教会挙式は?

 2018/09/13 結婚
  202 Views

圧倒的に人気の高い挙式スタイルと言えば、キリスト教式。子供のころから純白のウェディングドレスに憧れて、結婚するなら絶対に教会でと決めていた女性も多いのでは?
最近は会場内にチャペルを併設しているところも多く、挙式から披露宴までトータルで結婚式を行えるようになっています。

教会挙式のパターンは4パターン(レストラン・ホテル・ゲストハウス・専門式場)

教会挙式を行える会場は4タイプあります。
・レストラン
最近人気が高まってきているレストランウェディング。敷地内のチャペルで挙式し、その後の披露宴ではレストランならではの美味しい料理で、ゲストをもてなすことができる。
・ホテル
格式が高く高級感があるホテルウェディング。質の良いサービスを受けることができる。駅に近くアクセスが良かったり、駐車場の収容台数も多いなどゲストにもやさしい。
・ゲストハウス
人気のゲストハウスウェディングは邸宅を貸し切って行うので、プライベート感のある挙式ができる。ガーデンもあるので、挙式後のバルーンリリースやシャボン玉など屋外ならではの演出もできる。
・専門式場
結婚式専門の会場で、オーソドックスなものから個性的な演出まで二人の希望を叶えてくれる。チャペルも細部までこだわった造りの本格的なものが多い。

郡山のレストラン・ホテル・専門式場で教会挙式

郡山でチャペルが自慢のレストラン、ホテル、専門式場をご紹介します。
・レストラン
【アーマ・テラス】北欧デザイナーズレストラン。北欧の光の女神の名前から付けられた『サンタ・ルシア』は白い壁とぬくもりのある木でつくられた、その名の通り自然の光がたっぷり降り注ぐシンプルでナチュラルなチャペル。挙式の際には、聖歌隊、オルガン、バイオリンの生演奏が入ります。80名まで着席可能。
・ホテル
【ホテルハマツ】イタリア語の“誓い”を意味する『ジュラーレ』は、清らかなホワイトと木のぬくもりがあたたかな雰囲気を醸し出すチャペル。下からライティングされたバージンロードで、ウェディングドレスが映え、花嫁をより一層美しく見せてくれる。収容人数88名。
・専門式場
【ベルヴィ郡山館】独立型チャペル『聖ステーラ教会』は、ヨーロッパの格式ある教会から受け継いだアンティークの数々が重厚な雰囲気を醸し出す。天井が高く広い空間にシャンデリアやステンドグラスが美しく映える。大理石のバージンロードは16mもあり、ロングトレーンのウェディングドレスにピッタリ!最大収容人数140名。

郡山のゲストハウスで教会挙式

郡山で一番人気なのがゲストハウスウェディング。貸切りなので他のカップルと鉢合わせの心配がなく、屋外の演出も楽しめるのが人気のヒミツ。
【アーククラブ迎賓館】ホワイト一色で統一されたチャペルが印象的。花びらを敷き詰めた華やかなフラワーバージンロードや、キャンドルの光が花嫁をより一層美しく惹きたててくれる。挙式後にフラワーシャワーやライスシャワー、バルーンリリースの演出もできる。収容人数100名。
【アヴァンセ ド マリアージュ ミ・ピアーチェ】オリーブの名前にちなんだ独立型教会『新・オリヴィエ教会』は、ヨーロッパの由緒ある教会から譲り受けたステンドグラスが美しい総大理石造りのチャペル。バージンロードは16mあり、ロングトレーンのウェディングドレスが映える。挙式後カリヨン(鐘)を二人で鳴らす演出も好評。収容人数120名。
【オール・セインツ ウェディング】リバプールから移築した160年の歴史がある本格英国教会。天井が高く、アンティークの調度品や見事なステンドグラス、赤いバージンロードが荘厳な雰囲気を醸し出している。バージンロードが長くロングトレーンのドレスが映える。パイプオルガンの生演奏や聖歌隊の歌声が感動的に式を盛り上げてくれる。収容人数120名。
【ブライマリーコート】2014年12月にオープン。『セント・アミークス・ファミリア教会』は、ニューヨークのホーリー・ファミリーチャーチで使われていた壮大なステンドグラスが圧巻!白を基調とした内部は、天井が高く天窓から光がさんさんと降り注ぎ、バージンロードに映るステンドグラスの輝きは思わず見とれてしまうほど。収容人数120名。
【KIOKUNOMORI記憶の森】緑を意味する『ラ・ヴェール教会』は窓から美しい緑が見渡せ、天井の高さが9mもある純白の教会。祭壇にはクリスタルサークルがあり、光を受けて美しく輝いている。挙式の後は祭壇の先にある屋内の階段でフラワーシャワーや記念撮影ができ、天候に左右される心配がないのも嬉しい。収容人数120名。
【迎賓館グランプラス】『セント・アンドリュー教会』はイギリスのアンドリュー礼拝堂から移築して造られた正統派英国スタイルの教会。正面には8オクターブの音色を奏でる大きなパイプオルガンがあり、その美しい音色は厳かで感動もの。アンティークなステンドグラスや調度品が重厚な雰囲気を醸し出している。収容人数130名。
【アニエス郡山】『アニエス・チャーチ(森の教会)』と『アニエス・チャペル(水の教会)』がある。どちらもフランスのセントヴァレンタイン村と姉妹提携を結んでおり、ここで挙式を行った二人の結婚証明書はヴァレンタイン村で400年大切に保管される。アニエス・チャーチはバージンロードがライトアップされる。収容人数150名。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

あわせて読みたい関連記事。

  • ブライダルインナーの購入は本当に必要?

  • 新婚旅行の予約はいつする?早めの準備と早めの予約を

  • 顔合わせの食事会で失敗しない服装選びとは?

  • 海外の新婚旅行はどこが良い?カップルに人気のおすすめ海外旅行先

  • 新しい形の結婚式!写真+食事会の結婚式・フォトウェディング!

  • 結婚式のサプライズや司会に芸能人を呼ぶには?