1. TOP
  2. 結婚
  3. おめでた婚のドレス選びのポイント

おめでた婚のドレス選びのポイント

 2018/09/13 結婚
  228 Views

小さな頃からの夢だった憧れのウエディングドレス。
おめでた婚の花嫁がもっとも気になることの一つが、ドレス選びですよね。

ドレスは着たいけど、初めての妊娠で、おなかの赤ちゃんのことが心配。
自分のお腹がどうなるのか、体調はどうなのかなど、不安いっぱいの方もいらっしゃることでしょう。
でも、お腹が大きいからといって、憧れのウエディングドレスをあきらめる必要はありません。
ポイントをしっかり押さえて、一生の思い出に残る、満足のいく1着を選んでくださいね。

おめでた婚でも、かわいいドレスを着られるの?

お腹が大きくなっても、やはり一生に一度のウエディングドレスは、かわいく着こなしたいですよね。

妊娠中のドレス選びのポイントは、何といっても、お腹周りのサイズの急激な変化にも対応できることです。

最近は、おめでた婚の花嫁さん向けにデザインされたドレスも用意されていますし、マタニティ用のドレスでなくても、ウエスト周りがゆったりしたデザインや背中でサイズ調整できるタイプなど、妊娠中でも着られるドレスもたくさんあります。

胸元下に切り替えがあり、そこから直線的に裾に向かって落ちていくエンパイアライン、ウエストの切り替えがなく、スカートが大きくふんわりと膨らんでボリュームのあるプリンセスラインや、下腹部が目立たないアシンメトリーなデザインがおすすめです。
また、ウエスト部分のフリルやドレープなど、大きくなってきたお腹をカバーしてくれるデザインも充実しています。
ドレーン(引き裾)が長いドレスは重くなって身体に負担がかかりますので、短めのものを選びましょう。
オーガンジーやチュールなどの素材は、軽くて長時間でも身体への負担が少なくてすみます。

また、妊婦さんのドレス選びで重要なのが、プリンセスラインのドレスなどに必要なパニエです。
ふんわりとさせることでお腹が気にならなくなりますが、重いパニエを着けると身体への負担が大きくなります。
素材などにも注意し、軽くてふんわりするパニエを選ぶことで、体型カバーとともに負担軽減にもなります。

袖付きのドレスやファーの羽織りものは、妊娠中の身体を冷えから守るためにおすすめです。

妊娠中はヒールのない靴を選ばなければと思いがちですが、式場等で用意されている靴はヒールの高さが5センチ程のものですので、ほとんどの方は問題なく履いているようです。
レンタルドレスの丈を変えることはできませんので、身長やドレスのデザイン・パニエなどと考え合わせて、裾を踏んでしまわないヒールの高さを選べばいいでしょう。

妊娠中は匂いや感触に敏感になる人も少なくありません。
特にヘッドドレスは、匂いの薄い生花やアートフラワー、刺激の少ない柔らかな素材を選ぶようにしましょう。

そのほか、インナーや腹帯等についても、経験豊富なスタッフにアドバイスをもらっておくと安心です。

大きくなるお腹、ドレスはいつ選べばいいの?

挙式の日程にもよりますが、一般的には、つわりが治まって比較的体調が安定する妊娠4ヶ月目以降がおすすめです。
安定期に入り、まだあまりお腹の目立たない妊娠5〜6ヶ月目に挙式を行う場合なら、サイズの変化もそう大きくはないでしょう。
それ以降に挙式を行う場合は、もっと遅い時期でいいでしょう。
妊娠7ヶ月目以降になると、お腹も目立ってきますから、挙式当日のお腹の大きさを想定したデザインやサイズ選びが必要です。
挙式前日の最終試着や当日のお直しにも対応してもらえるか、確認しておくと安心です。

式場によっては、ドレス選びの際にサイズ違いや他の大きめのサイズのドレスを2着用意しておいて、最終試着時にどちらかに決めることができたり、一週間前までドレス変更が可能というところもあるようですので、遠慮せずに聞いてみましょう。

お色直しはどうする?

最近の披露宴では、6〜7割のカップルがお色直しをするようですが、おめでた婚の場合、お色直しをしないケースも多いようです。
とはいえ、一生に一度のことですから、カラードレスや大振袖(引き振袖)も着たいと思う人もいるでしょう。
体調さえ問題なければ、あきらめる必要はありません。
カラードレスは、色やデザインも豊富で、ウエディングドレスに比べると軽いものが多いです。
是非、お気に入りのドレスを見つけて、憧れを叶えてくださいね。

和装はドレスのような細かいサイズ調整が必要ないので安心ですが、大振袖は身体のラインが出やすいので、お腹の大きさによってはあまりおすすめできない場合もあります。
また、金糸や銀糸を多用したものなど、ドレスに比べるとかなり重いものが多く、帯の締め付けやカツラなど、身体への負担は大きくなりますので、体調を考えながら、慎重に選ぶ必要があります。
最近は、結婚式とは別の日に記念写真を撮影する人も増えています。
無理をせずに、和装は前撮りにするのも一案かもしれませんね。

どんなに準備を重ね心待ちにしていても、当日体調が急変する可能性もなくはありません。
そんな場合には、お色直しをあきらめる勇気も必要だということを心に留めておきましょう。

4組に1組が「おめでた婚」といわれるようになったとはいえ、妊娠していることを隠すカップルがまだまだ少なくありません。
おめでた婚は、マリッジブルーにマタニティブルーも加わり、体調だけでなく精神的にも不安定になりがちです。
少し勇気がいるかもしれませんが、妊娠何カ月目での挙式になるのかを最初にスタッフに伝え、挙式当日の体型を考慮したドレス選びのアドバイスを受けることが大切です。
経験豊富で何でも相談できる人の存在は、準備期間中を通して、きっと大きな心の支えとなってくれることでしょう

「ウエディングドレス着る花嫁!これを知らなきゃ損する!?」

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

あわせて読みたい関連記事。

  • 結婚式が急に決まったら?たった一ヶ月で挙式をする人の例をみてみる

  • 結婚費用が足りない!そんな時はブライダルローンを利用しよう

  • 郡山でチャペルウェディング!おすすめの教会挙式は?

  • 職場への結婚報告!職場の上司・取引先へはどのように伝えるのがマナー?

  • 結婚式を安く挙げるならオフシーズンの割引を活用しよう

  • やってよかった結婚披露宴の演出はこれ!