1. TOP
  2. 結婚
  3. 一生使うからこだわりたい!結婚指輪のおすすめデザインは?

一生使うからこだわりたい!結婚指輪のおすすめデザインは?

 2018/09/13 結婚
  225 Views

パーティーなど特別な場面で華やかさを演出する婚約指輪と違い、一生を共に過ごしていく結婚指輪。
毎日つけたままという人も多いですよね。
そのためには、好みはもちろん、オンの日もオフの日もつけていてストレスにならないデザインを選ぶことが大切です。
では、一生モノの結婚指輪におすすめのデザインには、どんなものがあるのか見てみましょう。

結婚指輪を選ぶのは新郎?新婦?

婚約指輪は、男性から女性にプレゼントするイメージがありますが、実際に男性が選んで贈るのは、3割程度だそうです。
では、結婚指輪の場合はどうでしょう。
新郎が選ぶ割合は、3%なんだとか。
これを聞いて、「え?そんなにいるの?」と思った方もいれば「それだけしかいないの?」と思った方もいるかもしれませんね。
一般に、結婚指輪は誰が選ぶといった決まりはありませんが、二人で一緒に選ぶカップルが多いようです。
また、新郎が「指輪のことなんてよくわからない」とか「宝石店で選ぶなんて恥ずかしい」などといった理由で、新婦が一人で選ぶというケースも意外と少なくないようです。
「君の好きなのでいいよ」と言ってくれるのはうれしいのですが、似合わなかったり好みでなかったりして、結婚後すぐにつけなくなってしまってはもったいないですよね。
そして何より、新婦としては、新郎にもずっとつけていて欲しいことでしょう。
やはり、二人ともが納得して満足できるものを選びたいですね。
最近は、オンラインで結婚指輪を買うこともできるようになりました。
実物を見ないで買うのは不安ですが、希望のデザインの試着用を送ってもらって、実際に試してから購入するかどうかを決められるところもあるようです。
恥ずかしいとか、店員さんにつきっきりであれこれ言われるのは好きじゃないなど、お店に行くことに抵抗がある場合は、家で二人でじっくり選ぶのも楽しいかもしれませんね。
実店舗も併せ持っているところだと、家であらかじめ選んで、最終決定をお店ですることもでき、より安心です。
通販のみのお店の場合は、こだわりを持って、個人のお客様により丁寧に対応してくれたり、店舗を持つ経費がかからない分、良い物をかなり割安で手に入れることができたりもする一方、中には悪意のある業者もありますから、しっかり調べて、安心できる業者を選ぶことが大切です。

いろいろある!結婚指輪のデザインタイプ

結婚指輪は日常的につける人も多いので、実用性を兼ねたシンプルなものが多いですが、それだけに形の違いでずい分イメージが変わります。
代表的なものに、次の3種類のタイプがあります。

・ストレートデザイン
もっとも実用的で、定番のデザインです。
流行や年齢に左右されず、また、飽きも来ません。
他のアクセサリーとの組み合わせもしやすく、重ね付けをしてもきれいです。
これなら、アクセサリーなどほとんどしない男性でも、抵抗なくつけることができますね。
シンプルなだけに、指の形が強調されやすいですから、細くて長めの指先を強調したい人には特におすすめです。

・ウェーブデザイン
指を長く美しく見せてくれると人気のデザインです。
曲線によって優しい印象になることから、女性向きのように思われがちですが、指や関節の太さを強調しない効果があり、男性にも適しています。
ふっくらしたかわいらしい指の人は、動きのあるデザインで指を長くすっきり見せることができますし、指の短さが気になる場合も、緩やかな曲線によって、指を長く見せることが可能です。

・V字デザイン
指を長くすっきり見せる効果がもっとも期待できるデザインです。
V字とはいっても、以前のような尖ったデザインだけでなく、最近は、緩やかなV字や、さらに緩やかでカーブのラインが目立ちにくいU字といわれるデザインもあります。
ダイヤモンドのシンプルな婚約指輪との重ね付けをしたい人にもおすすめです。

これらの基本の形に、幅や丸みを変えたり、細かくキズをつけて艶消しを施すなど、様々なアレンジを加えることでオリジナルな結婚指輪にすることもできます。

今オススメのデザインはこのタイプ!

人気があるのは、やはり定番の「ストレート」や「ウェーブ」タイプのデザインです。
結婚指輪は、いつの時代にもシンプルが一番ということでしょう。
これらのデザインに、ダイヤを施したものも人気です。
ダイヤは、一粒入るだけでも表情ががらっと変わって、華やかさが増しますね。
また、最近では、パワーストーンを身に着ける感覚で、誕生石やダイヤをリングの内側に施す人も増えてきているようです。
見た目ではなく、想いを大切にしたいということかもしれませんね。
基本のデザインは同じで、女性だけダイヤを散りばめ、シンプルな中にも華やかさのあるデザインリングのような楽しみ方をするのもステキです。
ダイヤモンドを半周あしらった「ハーフエタニティ」は、婚約指輪を買わずに結婚指輪だけ購入するというカップルにもおすすめです。
シンプルな結婚指輪に比べると、耐久性に欠けたり、引っかかりやすかったりしますので、注意して選んでくださいね。
キュートでゴージャスな指輪が好きな人には、メレダイヤといわれる小粒のダイヤをリングに敷き詰めた「パヴェ」はいかがでしょう。
1本のリングに2種類の素材を使った「コンビリング」も変わらず人気です。
プラチナとゴールドの組み合わせが一般的で、合わせるアクセサリーの色を選ばないのもいいですね。
シンプルなイメージの結婚指輪にも、様々なデザインがありますね。
新郎と新婦の好みがどうしても合わない場合は、必ずしも同じデザインでなくても大丈夫です。
それぞれの生活スタイルも考えながら、二人が納得して長く着けられる結婚指輪を選んでくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

あわせて読みたい関連記事。

  • ブライダルインナーの購入は本当に必要?

  • 同居するの?デメリットもメリットにする3つの心得

  • まだ結婚式挙げてるの?思うほどダメじゃないメリットデメリット

  • 結婚式の招待状・席次表はペーパーアイテムで差をつける!

  • お願いしたい余興ランキング:披露宴編

  • 顔合わせ食事会でしてはいけない5つの話題はこれ