1. TOP
  2. 結婚
  3. 30人までの結婚式・家族婚を成功させるコツ

30人までの結婚式・家族婚を成功させるコツ

 2018/09/13 結婚
  317 Views

厳選したゲストだけを招いた少人数の結婚式を選ぶカップルが、年々増えています。家族や親族と本当に親しい友人30名くらいまでの少人数での結婚式や、両親と兄弟、祖父母など身内だけで行う家族婚などがそのスタイルです。
少人数での結婚式ならではの魅力やメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

  • アットホームな雰囲気
    ゲスト一人一人と交流する時間を持つことができ、感謝の気持ちを直接伝えられる。
  • 料理をゆっくりと楽しめる
    新郎新婦もゲストと一緒に会話をしながら、和やかな雰囲気で料理を味わうことができる。
  • ゲスト全員に参加してもらえる
    時間に余裕があるので、全員にスピーチや自己紹介をしてもらうことができる。
  • 時間のかかる演出も取り入れられる
    それほど時間を気にせずに、キャンドルリレーやケーキサーブなどの演出ができる。
  • ゲスト同士の交流ができる
    それぞれの家族や友人同士が仲良くなれて、お付き合いもスムーズに運ぶ。
  • 一人一人に合わせたプレゼントを選べる
    引き出物やプチギフトなども、ゲスト一人一人に合わせて選び、手渡すことができる。
  • 親孝行できる
    少人数の式なら家族との距離も近いので会話や食事を一緒に楽しめ、感謝の気持ちも伝えやすい。
  • 準備が楽にできる
    席次や招待状、引き出物等を決めるのにもそれほど時間がかからず、時間的な余裕を持てる。
  • コストを安く抑えられる
    コストを安く抑えられるので、その分を新婚旅行や新生活の準備などに充てられる。

最近は少人数での結婚式に対応した「少人数プラン」を設定している会場も多いので、検討されている方はそういうところを見学してみるのがおススメです。

30人までの結婚式で友人は招待できる?

少人数での結婚式の中でも家族婚と言われるスタイルでは、新郎新婦それぞれの親+兄弟+祖父母を合わせた10人前後で行われるのが一般的です。家族が主役となる結婚式なので「ファミ婚」とも呼ばれています。
更に30人まで増やすと、招待できるゲストの選択肢も広がります。叔父・叔母やいとこなどの親族を増やすこともできますし、友人やお世話になった方を招くこともできます。
少人数での結婚式の場合、友人と言っても本当に仲の良い親友やどうしても招待したいという人を厳選することで、心温まるアットホームな式にすることができるのです。
お付き合いで出席するということがなくなるので、ゲスト皆に心から祝福してもらえる幸せいっぱいの一日になりますよ。

30人までの結婚式・披露宴のモデルプラン

30人までの少人数での結婚式には、ホテルや専門の結婚式場などを利用した少人数プランや、チャペルでの結婚式や人前式結婚式とレストランを貸し切ったレストランウェディング、ゲストハウスを貸し切りで行うウェディング、海外挙式などがあります。
会場選びのポイントはあまり広すぎず人数に見合った大きさの会場を選ぶこと。披露宴定番の円卓でなく、横に長いテーブルに皆で座れば新郎新婦と一体感が生まれる効果も…。
少人数の披露宴では派手な演出が少ないため、窓からの景色がよい、特別感のあるおいしい料理、落ち着いた雰囲気など、プラスαの要素があるとベストです。
ここでは、少人数での結婚式のモデルプランを挙げてみましょう。

  1. 挙式
    会場内のチャペルや神殿で、もしくは好みのチャペル、神社等で挙式。人前式も人気。
  2. 披露宴開宴
  3. 新郎新婦入場
    もしくは新郎新婦がゲストをお迎えする。
  4. ウェルカムスピーチ
    新郎新婦ふたりがそれぞれスピーチを。
  5. 会食スタート
    和やかに歓談しながら食事を楽しむ時間。テーブルが分かれているときは、それぞれのテーブルをまわっても。
  6. 自己紹介
    ゲストに自己紹介をしてもらうか、新郎新婦が一人ずつ紹介していく。
  7. ゲストからのお祝いメッセージやスピーチ
    全員からもらえるのも少人数ならでは。歌のプレゼントや楽器演奏などもよい。
  8. それぞれのゲストと写真撮影
  9. 新郎新婦がゲストを回り、一緒に記念写真を撮影。
  10. ウェディングケーキ入刀
    ケーキカット、ファーストバイトの後にゲスト全員にケーキサーブするのもおススメ。
  11. 新婦の手紙朗読
  12. 両親への花束・記念品贈呈
  13. 謝辞
    それぞれの両親や新郎新婦からの感謝の言葉を伝える。
  14. 送賓
    引き出物やギフトを一人一人言葉を交わしながら手渡しする。

モデルプランにこだわらずにふたりらしい演出を取り入れたり、必要のない演出はカットしたりと自由にプランニングできるのが魅力です。

30人までの結婚式体験談

親族だけの結婚式

友人や知人は呼ばず、親族だけの式を挙げました。大人数の結婚式では両親は末席でほとんど話をする機会もありませんが、少人数だったために両親はもちろん他の親族とも一緒に食事をしながら歓談をすることができました。

途中、話が盛りあがり笑いがあふれる和やかな披露宴になりました。終わった時には、皆から「いい結婚式だったね」と言ってもらえてとても嬉しかったです。
両親にも「余計な気を遣わずにリラックスできて楽しめた」と喜んでもらえたので、このスタイルにしてよかったと思いました。

レストランを貸し切って親族+友人を招いた結婚式

これまで出席した披露宴では、新婦とほとんど話をする機会がなく寂しかったので、自分の結婚式ではゲストと積極的に交流できるスタイルにしたいと思っていました。
お色直しで中座して不在の時間を作りたくなかったので、挙式でウェディングドレス、披露宴ではカラードレスを着用して最後までそれで通しました。
親族・友人ともに一人ずつお祝いのスピーチをしてくれたのがとても感動的で、印象深い思い出になりました。随所で写真を撮れるようにセッティングしたので、自然な笑顔の写真がたくさん撮れてよかったです。
お料理を奮発したので皆に喜んでもらえましたし、私たちも一緒に食事ができて楽しめたのは少人数での結婚式ならではだと思います。

ゲスト参加型の結婚式

一生に一度の結婚式なので、後々まで想い出に残る結婚式にしたくて親族と友人、先輩合わせて30名の結婚式を挙げました。

準備の段階から友人たちに協力してもらい、手作りのウェルカムボードやプロフィール映像を作りました。
挙式ではリングリレーを行い、ゲストと一体感のある式になったと思います。披露宴の間も、ゲストと和気あいあいと盛り上がることができてとても幸せな気持ちになれました。
引き出物はそれぞれのゲストに合わせて違うものにしたんですが、顔を思い浮かべながら選ぶのも楽しかったですしゲストにも喜んでもらえたと思います。
一番嬉しかったのは、友人の一人が「私もこんな式をしたい」と言ってくれたことでした。

実際に少人数での結婚式を挙げたカップルは、最初は人数が少なくて寂しいのではないかと心配しても式が終わった後は「アットホームでよかった」「寂しいなんて心配は必要なかった」「自分たちはもちろんゲストにも喜んでもらえた」と満足度が高いようです。
このように少人数での結婚式は、形式ばらずにふたりらしいオリジナリティの高い結婚式を実現したい…というカップルにおススメします。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

あわせて読みたい関連記事。

  • 郡山披露宴会場ランキングを知りたい!

  • 結婚式披露宴のBGMをピアノ生演奏で演出

  • 顔合わせ食事会でしてはいけない5つの話題はこれ

  • 気になる結婚指輪の相場はいくら?

  • 機材は何をレンタル?郡山での結婚式のバンド依頼事情は?

  • 先輩カップルが選んだ!国内で人気の新婚旅行先は?